節分に寄せて

 二月の主な行事といえばやはり節分でしょう。教室でも鬼の面を作りました。子供たちは悪戦苦闘しながらも、何とか怖そうなお面が出来上がりました。制作に先立ち「鬼とは福とは何ぞや」と子供たちに言い聞かせました。神妙な面持ちで聞いてくれましたので、鬼も福もきっと理解してくれたことでしょう。

 さて、今回、節分について調べてみました。節分とは、立春の前日の事。豆をまいて鬼を追い払えば次の日に「暦の上では春が来る」との認識しかありませんでした。ところが何と節分は(立春、立夏、立秋、立冬)の前日、すなわち年4回あるとの事(皆様ご存知でした?)。しかし、いつの頃からか農耕民族である日本では種を撒く春だけになったとか。しかも平安時代には節分の行事はしかと行われた由、となると奈良時代はおろか古代にも鬼祓いはあったのかも・・・・

 先日、新聞の川柳の欄に「巻寿司に負けるな鰯ここにあり」という小林一茶の句をもじったユーモラスな秀句が載っていました。私もうなずきながら思わず口ずさみました。昔は、といっても平成に入ってからも恵方巻なる太巻寿司を食べる風習ってありましたっけ?

柊の枝に鰯を櫛差しにして軒端につるす習わしはあって、柊の葉には鋭いトゲがあり、鬼が入ることが出来ず、また鰯の目は大きくて睨まれたら怖くて鬼も近寄れないとの言い伝えでした。災厄のやって来ない恵方(今年は東北東とか)を向いて恵方巻を切らずに食すると福がやって来る?かくいう私も縁起物と思い、恵方巻を食べましたが、それにしてもいくつかに包丁を入れましたので福もそれなりということになるのでしょうか?ともあれ、古来の伝統行事はいつの代にも残したいものですね。

           

                     ほのみちゃんの作品