旧交を温める(楽しかったランチ会)

最終更新: 2019年3月15日

 二月如月は何と楽しく嬉しい月だったでしょう。二月といえば暦の上では春とはいえ一年中で一番気温も低く、雲は重く垂れこめ、曙光まぶしく陽光さんさんなどという月でもなく問われて二月が一番好きな月と答える人はそんなに数多くはないと思うのです。

 では、楽しかったのはなに故? そうです。それは当教室の卒業生のお母さま方との再会だったのです。二月第一週は現五年生と奥沢で、第二週は二年生と自由が丘で、そして三週は新一年生のお母さま方と三矢会始まって以来、何と銀座に進出して美味しいランチをいただきました。銀座のど真中に在りながら料金はとてもリーズナブルで季節を先取りして白魚、新筍も食しました。お店の名前?料理の鉄人、道場六三郎さんの食事処「みちば」なのです。絶対おすすめのお店です。そして三矢会での楽しかった勉強の事、成績がふるわなかった時の心境、そして小学校へ上がってからの子供たちの生活などなど、話は尽きずに二次会のお茶会にまで及んだのはどの学年も同じでした。

そしてそして、「周防先生っていったい何者?」との質問を受け

ました。今までにごくごく親しい人にしか話した事のなかった私の来し方、幼児教育に携わるまでの経緯などなど、披露すること

となり気が付けば何と夕やみ迫る時刻になり、別れを惜しみながら再会を約して帰途につきました。私の至福の時であったのはいうまでもありません。







贈られたブーケ